読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴美style  あなたの人生、骨盤が決める!

-夫婦関係、恋愛、子育て、お金 骨盤をゆるめればすべて思い通りになる―人生がうまくいかないのは、骨盤ががちがちのせいだった!骨盤をゆるめると、人生Happy!思いとおり♪骨盤メソッド提唱者 川口晴美のわたしメディア

当たり前や常識を壊せ!

f:id:harumistyle:20160514233808j:image


以前、日帰り温泉で、
露天風呂のあとに、内湯に入ろうとしたんです。

そしたら。。。


「ちょっと!?そこのあなた!

露天から内湯に入るときは
シャワーでからだを流してからはいりなさいよ!

そんなことも知らないのっ!?」



と、めっちゃ怒られた事があります^_^;


その日帰り温泉には、
なんども来たことがあったけど、
そんなことは言われたことがなく。


当たり前でしょ、常識でしょ、
と言われても。

わたしはそんなことは聞いたことがないのです。


他のお客様も
そうなの?という表情でこちらを見てましたし。


怒っていた方のなかでは
揺るぎない当たり前であっても、

そのとき、その温泉にいた
他の人にとっては、

当たり前ではなかったようです。



このケースみたいに。
自分の当たり前は、他人の当たり前じゃない。


それをさも、
世の中のルールだ!と言わんばかりに怒られて、
わたしは気分が悪かった。



控除秩序に反することはイヤですが。

100%の当たり前、
100%の常識なんか、ない。


当たり前、常識は、
育ってきた環境による、主観的なもの。
個人的な価値観。

常識や価値観は、あたまの感覚であって、
からだの感覚じゃない。


自分の当たり前は、他人にとっては当たり前じゃないし。
自分の常識は他人にとっては常識じゃない。


自分の決めた常識で
自分自身を縛りたくないし。


こんなことは非常識だから、
やっちゃいけない、なんて、
自分の行動を縛るのもやめたい。


ましてや、
夫や子どもがわたしの常識や当たり前の範囲で
動かないからといって、怒ることもやめたい。



夫や子どものなかには、
子どもなりの当たり前や常識があるはずだから。


わたしの当たり前や常識とは
イコールではないはず。



わたしの価値観をふりかざして、
そこにあてはまらないからといって、
怒るのは、やめよう。



わたしが自分のこころで決めた、
当たり前や常識にとらわれて、
自分の行動や決断を妨げることもやめよう。


わたしはいつでも、
からだの感覚のおもむくままに
自由に歩いていきたい。

●なんでも聞いちゃう♡お茶会●
※女性限定
・5月24日 10時~ 11時30分  費用 3500円

※スカイプを使用しますので、世界中どこからでも!

お申込みはこちらから