読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴美style  あなたの人生、骨盤が決める!

-夫婦関係、恋愛、子育て、お金 骨盤をゆるめればすべて思い通りになる―人生がうまくいかないのは、骨盤ががちがちのせいだった!骨盤をゆるめると、人生Happy!思いとおり♪骨盤メソッド提唱者 川口晴美のわたしメディア

ブランディングとは森進一

f:id:harumistyle:20160520133423j:image



最初にお伝えしておきますが。


わたしは、誰かを非難するわけではなくて。
あくまでも、過去のわたしを
恥をしのんで公開しているのです。。。



よく言うでしょ?



難しいよね。



うん、ほんとうに難しい。



わたしも難しいですし、
なにがブランディングなんだ?


って、思ってます。



わたしはブログで
ノウハウばかりを提供してきていたので。


自分のことを書くのは、
すごーくニガテなんですよね〜。



よくそんなに自己開示できますね!

とか。

言いにくいこともスパっと言ってますよね。

とか。



そういうふうに
言っていただけるようになったのは
ここ最近。


それでもまだ
ブランディング迷子です(笑)



ひとつ思うのがね、


「直さなきゃいけない!と思うこと、
欠点だと思っていることを
打ち出していくことがブランディング

ということ。


 

ブランディングっていうとさ、

違う自分を演出しないといけない、
みたいに勘違いしてる人もいるけど。

↑過去のわたし。

ベビー系インストラクターはみんなのお手本の
ステキママでなくてはならぬ!

みたいな(笑)



それは、単なる猫かぶり(笑)

ブランディングじゃないじゃん(笑)


だからわざわざ
ステキカフェでお茶しなくていいし。

ランチ会に行かなくていいし。

打ち合わせばっかりやらなくていい。


キラキラ起業女子を演出する必要はなく。



つまりな100%天然自然の
等身大すぎるわたし、でいいのだ。

長所も短所も含めて!


演出してると、見てて分かるしね。
あー、本質と違うところをいってるなぁって。



だから人を惹きつけることはできなくて。



別の誰かになろうとする、ということじゃなくて。


あくまでも、
今の自分のままでいいってことだ。




しかも、わたし的には



「欠点」のなかにこそ、光るものがある!


と、思ってる。



森進一さんを見てよ!

歌手じゃなかったら、
しわがれ声で聞き取りくいおじさんです。


でも歌い始めたら、
あ!森進一!ってわかるじゃん(笑)



そんな感じ。



前にも書いてるけど、

欠点って、自分の思い込み、
自分以外の誰かの思い込みでしかないから。


これまでのわたしたちの生育歴が

欠点だ、と思わせてるだけ。


単なる、思い込み。



ぜんぜん欠点じゃないかもしれないのにさー。
もったいない。



たとえばね、わたしの「欠点」は




言いたいことをズバリと言い過ぎる。

目立ちたがり屋。



どっちも起業するうえではメリットではないですか!




しかもズケズケと自己主張はげしく、
言いたいことを言いまくっていたので


人から嫌われる、
友達ができない、


といったことも経験してます。



歩く台風だよ、
子どものころのわたし(笑)



だから、
わたしになんか興味をもつ人がいない。


だから、
ノウハウばっかり書き続けていた。
※そこしか評価してもらえないと思いこんでいたから。



でも嫌われることを覚悟して、


言いたいことを書き始めたら、思わぬ反響があったりして。




あれ?

あんなに否定していた自分の欠点なのに
そこを支持してくれる人がいるんだ。


しかも憧れるってー!?

どういうこと!?



って感じ(笑)


言いたいことを言ったら嫌われるのに!
だから言っちゃいけないと思ってたのに!


かっこいいの!?
憧れるの!?

マジで!?


って、 思いました。



欠点だーって思い込んでましたからね!


思い込みって厄介です。

世の中は、
そして自分自身すらも


ぜーんぶ思い込みでできてますからね!


大好きな夫も
わたしの思い込みでステキな人ですけど。



他人からみたら、ふつーの人ですよ(笑)



欠点こそ、個性であり

起業でいうブランディングになるんですね。



じゃあ思い込みをはずして
欠点をさらけだすには
どうしたら?



という点が気になるかと思うんですが。


わたしの過去を思い返しながら
もういちどおさらいしてまとめて。

それからアップします!



わざとキラキラしなくていいし、
ステキスマイルで自撮りしなくてもいいし、
変顔披露で自撮りしなくてもいいし。


ステキカフェでランチしなくても
ステキママでなくても。
たくさんの人に囲まれてなくても。
いつもドレス着てなくても。


欠点も含めて、そのまんまでいいのだ!


別人にはならなくていい。



誰かに気づいてもらう、
顔出しして信頼して気づいてもらう。


その点は有効かもしれないけど、
ブランディングにはならんよね。


気づいてもらうだけでは
仕事にはなかなかつながらないのだ。



気づいてもらって、
会ってみたい!と思わせるものがなければ

仕事にはならないのよね。



自撮りも顔出ししなくても
めっちや稼いでる人もいるんだし。


当たり障りがない、が
いちばん刺さんないけどね!


森進一は刺さるでしょ!
モノマネしたくなるでしょ(笑)



ということで、
これは過去のわたしの反省を踏まえてますからね(笑)