読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴美style  あなたの人生、骨盤が決める!

-夫婦関係、恋愛、子育て、お金 骨盤をゆるめればすべて思い通りになる―人生がうまくいかないのは、骨盤ががちがちのせいだった!骨盤をゆるめると、人生Happy!思いとおり♪骨盤メソッド提唱者 川口晴美のわたしメディア

彼氏がいるのに、他の男性とふたりっきりで花火に行ってみた。

f:id:harumistyle:20160527215141j:image



就職1年目のとき。

彼氏がいたんだけど、
別の男性とふたりっきりで花火を見に行くことになった。


その人は、職場の同僚で。



別に2人で花火を見たかったわけではなく(笑)


他の人も誘ったけど、
花火には間に合わない。


そのあとの食事には合流するよ、
ってことで。



結局、わたしたちは、
2人で花火を見ることになった。



ま、わたし、彼氏がいたんで(笑)



メールしたわけ。

これこれこういうわけで、
行きがかりで2人になった、ごめんねって。




『自分に申し訳ない、という気持ちで
花火を見ても楽しくないし、

いっしょに行ってくれる男性にも申し訳ない。

だから、べつに謝らなくても、
いっぱい花火を楽しんでくればいいよ。

いってらっしゃい^_^』


と、彼氏から、返信があった。




まぁ、お気づきかとは思いますが(笑)


この彼氏というのが、
わたしの夫。



ちなみに、いっしょに行った男性の同僚は、

わたしも仕事やめたし。
今は何をしてるのかは知らない。


結婚したんだろうか?
いい人だったけど。




夫は、わたしが仕事で大阪や東京に行くときも、

ごめんね、というのを嫌う。




申し訳ない、と思うなら、
最初からやるな。


罪悪感は迷惑だ、と。



だから、わたしは
ただ、ありがとう、と言うだけ。



東京と大阪で、
わたしの仕事をめいっぱい楽しんでやるだけ。


いや、むしろ。


わたしの仕事は、楽しむこと。



罪悪感なんか、必要ない。


罪悪感を持つくらいなら、
最初から、それを選択しなければいいだけ。



気持ちよく送り出してくれたなら、
その気持ちを、ただ、ありがたく受け取って。


ありがとう♡
と、口にすればいいだけ^_^